手こずっていた刺身づくりもスパッと解決してくれる出刃包丁

包丁

出刃包丁の特徴とメリット

出刃包丁と言えば、包丁の種類としては有名なものです。しかし名前を聞いたことがあるだけで、詳しいことは知らないという人も多いでしょう。そこで、出刃包丁とはどのようなものか、特徴などを説明します。出刃包丁とは、和包丁の中でも、魚をさばくことに特化した包丁です。魚をさばきやすくしているのは、その形によるところが大きいです。出刃包丁は、切っ先がとても鋭く尖っており、刃が沿っています。
これにより切り込むときに刃が入りやすく、かつ身を切り離しやすくなるのです。そしてもうひとつの特徴は分厚く頑丈で、持ったときにずっしりと重みを感じることです。この強度と重みがあるために、魚を骨ごと切ることが可能になります。重さのおかげで、それほど力を入れずに済むというのもメリットです。また、出刃包丁は一般的に片刃のものが多いですが、片刃というのは両刃よりも頑丈にできています。
それに加えて分厚いこともあり、魚の頭を落とすような豪快な切り方をしても刃へのダメージが少なく、劣化しにくいという特徴もあります。これらのことから、魚の骨を切るためには、最適な形状の包丁と言えます。つまり出刃包丁とは、魚の身をきれいに切ることも骨ごとぶつ切りにすることもできるとても便利な包丁というわけです。魚料理の際は、ぜひ活用してみましょう。

相出刃包丁の特徴とは

出刃包丁は、魚をさばくときに便利な包丁であり、いくつかの種類があります。そのひとつが、「相出刃包丁」と呼ばれるものです。これは、「中出刃包丁」や「卸出刃包丁」と呼ばれる場合もあり、一般的な本出刃包丁とは異なる特徴をもっています。相出刃包丁の大きな特徴としては、まず、その軽さが挙げられます。出刃包丁と言えば、「分厚くて重い包丁」というイメージが強いですが、相出刃包丁は薄くて軽いので、一般的なものより扱いやすいです。
こうした特徴から、細かい作業をするには最適な出刃包丁と言えます。相出刃包丁は、その軽さから、本出刃包丁のように骨ごとたたき切るような使い方は向いていません。できないことはないですが、薄くて重さがないため、自分の体重をかけるようにして切る必要があります。
それよりも、三枚おろしにしたり、そのまま刺身にしたりといった作業で使えば、相出刃包丁のメリットをよく実感できるでしょう。このように、相出刃包丁とは、魚をさばくことに特化した出刃包丁の中でも、より繊細な作業のために用いるものです。本出刃包丁でも、きれいにさばくことはできますが、相出刃包丁であれば、より美しく仕上げることができるのです。

出刃包丁の正しい扱い方

出刃包丁は和包丁の一つで、元々は魚を捌くために用いられていたものです。通常の包丁と比べて先が鋭く刃が反っており、また刃元が太く重量があるため頑丈であることが特徴です。これらは身の量と比較して骨の多い魚を捌くことに特化しているためです。出刃包丁で魚を捌くときは、根元の重さを利用して骨ごと切断する、刃の反りを利用して骨から身を切り離すなど、刃の形を利用した使い方が適しています。
上手に使えば、さほど力を入れずに大きな魚を自由に切り分けることができます。出刃包丁を使いやすい状態に保つには日々の手入れを行うことも重要です。和包丁は定期的に研がなければ切れ味を保つことはできず、特に出刃包丁は硬いものを相手とするため刃こぼれすることが多くあります。出刃包丁の材質には大きく分けて鋼とステンレスがあり、それぞれの長所、短所があります。
鋼製の出刃包丁は切れ味が良く手入れもしやすいですが、錆びやすく切れ味が鈍りやすいため、刃こぼれしたときのみならず日常的な研磨が必要となります。ステンレス製の包丁は錆びにくく手入れが鋼ほど必要でないものの非常に硬いため家庭で研ぐのが難しく、一度刃こぼれすると切れ味を戻すのが難しいという欠点があります。自分の料理スタイルに合う包丁を使いましょう。

出刃包丁を使うときの注意点

出刃包丁は、厚く頑丈にできており、魚の骨を簡単に切ることができます。また、耐久性も高いため、そのように固いものを切っても、劣化しにくいというメリットもあり…

MORE ▶

出刃包丁は自分にあったものを

出刃包丁は調理する時はきちんと調理したいというこだわりの強い人や、釣りに出かけるのが好きで、自分の釣った魚を食べるのが好きだという人にも良いものです。です…

MORE ▶

出刃包丁で切れ味の良さを楽しむ

出刃包丁は普通の包丁よりも素材や切れ味にこだわりがあることも多いので、値段も高めになることがほとんどです。ですからまだ若い女性でれば出刃包丁に費用をかける…

MORE ▶

出刃包丁はネット通販でも買える

出刃包丁は料理器具を扱うお店でも購入することができますが、自分がこの出刃包丁を購入すると決めているような時は良いですが、そうでないような時はネット通販で詳…

MORE ▶

見所一覧